犬のしつけ 散歩

引っ張り癖を治す 基本のしつけ

ミニチュアシュナウザー

我が家の愛犬は、引っ張り癖がなかなか治りません。

 

出掛ける時は嬉しさのあまり興奮して、
ついつい引っ張ってしまうみたいです。

 

散歩の途中で、他の犬を発見したときも
グィーンと綱を引っ張り気味になったりしますし

 

風が吹く日など何か飛んで来ようものなら、
ハウッっとばかりに飛び付いて取ろうとするんです。

 

今でも私が気を抜くと、
引っ張り癖や拾い食いの問題がたまに起きることがありますが
少なくなりました。

 

お互いにストレスを溜めない範囲で、しつけに取り組んでます。

 

では、正しい散歩の仕方・しつけ方とはどうすればいいのでしょうか。
基本を記載しておきますね。


ほめるしつけ・叱るしつけ

シェットランドシープドッグ

1)散歩に出かけるときは、落ち着かせて従わせる

 

道に出る前に必ず「おすわり」や「待て」をします。
飼い主が先に外に出て、ついてくるように指示します。
※テンションが上がりがちな子は、ここで十分にクールダウン

 

2)リードがたるんでいたら褒める/引っ張られたら注意する

 

正の強化を行います。
正とは、正しい状態のことです。

 

お散歩の場合、犬が主導権を握り、
グイグイ引っ張ることは正しい状態ではありません。

 

正しい状態、つまり綱がゆるんでいる状態に訓練します。

 

やり方は大きく分けて2つ。
・ほめて良い行動を即す
・注意を即して(叱る・命令)良い行動を即す

 

ほめる場合(陽性強化法)
・まずは、最初にリードがゆるんだ状態をキープ出来ていたら
 ほめてごほうび(おやつや喜ぶこと)をあげてから、出掛けます。
・歩いている時に、リードがたるんでいたら褒めながらごほうびをあげます。

 

注意を即す場合(強制訓練法)
・リードが引っ張られたとき、犬が引っ張るままにしない。
・引っ張られたら立ち止まり、命令コマンド(おいで)で飼い主のそばに呼び戻す。
・引っ張られたら(ダメなど叱る又は無言で)反対方向へ向きを変えて歩き出す。

 

最近人気の犬の躾方法は「ほめて伸ばす」タイプのものです。
プロのドッグトレーナー矢崎流さんなどがその代表例。

 

叱るよりほめて犬をやる気にさせるというコンセプトです。

 

それに対して昔ながらのトレーニングやレッスンは
犬の訓練士である藤井聡さんに代表されるような
警察犬や盲導犬の訓練のような、大きな音や声で注意を即すものです。
※見た目、叱る・怒るしつけに見えますね。

 

どちらが良いかは、犬の犬種や性質、飼い主の性格などに左右されますので
どちらがやりやすいかは、1・2回やってみて決めるとよいでしょう。

 

3)散歩コースは複数で
毎日の散歩コースは5つ以上作っておくこと。
同じ場所ばかり散歩していると、縄張り意識(テリトリー)が強まり
引っ張り癖も出やすくなってしまいます。

 

4)散歩の回数・時間
散歩の距離は、1キロ〜。
1日2回、1回30分〜早歩きが理想です。


おすすめ☆犬のしつけ法はこちら