犬のしつけ 吠える

犬の困った!無駄吠え、要求吠え、警戒吠え

むだぼえ

来客が来た時に吠える。
散歩中に、他のペットを見かけて唸る。

 

人間社会で一緒に生きていくうえで、
犬が唸ったりギャンギャンすると困ることが多くあります。

 

特に、田舎に住んでいる場合には問題にならないことが
都会(人と人との距離が狭い)では近所迷惑・苦情になることが。

 

犬が吠えるのは、当たり前の習性です。
昔から番犬なんて言われますが、
野生の時から犬たちの言葉・意思の疎通手段として
声が使われています。

 

一件、無駄に吠えているようにみえることがありますが
人間にとって無用なことでも、犬にとってはいたずらしているつもりはないのです。

 

犬が生理的に行ってしまう「人間にとって問題と感じる行動」。
それもしっかり躾する必要があります。


犬のモンダイ行動の見極めと飼い主の問題!?

かみつく

一口に言って「吠える」と言っても、
・チャイムや物音、よその犬に警戒
・散歩してほしい、食事がしたい、遊んで!と要求
・お客さんや、得体のしれない物や動きに対する恐怖
・大好きなことが起き、刺激されてはしゃぎまわったりと興奮
大まかに「警戒」「要求」「恐怖」「興奮」の4つに原因が分かれます。

 

まずは「どういう理由で吼えているのか?」という
原因を突き止めてから、しつけトレーニング方法を選択することになります。

 

無駄吠えも、家族にとっては「無駄」に思えることでも
犬にとっては深刻な「悩み」「心配」から吠えてしまうことも。
※発情期(ヒート)にむやみに咆えることもありますね。

 

このモンダイ行動の見極めを間違えると、
しつけしても効果があがらなかったり
さらに面倒な厄介ごと、
トラブルを引き起こしてしまうことがありますので気をつけましょうね。

 

それから、私たちのリアクションが
犬の感情を逆なでしている場合がありますので注意です。

 

・散歩中、他の犬に向かって吠える愛犬に
 「ダメよ〜!」「うるさい!」「静かにしなさい!」など
 高い声で叱ったり、声を荒げたり、騒いだりしてませんか?
・掃除機や犬が苦手なものを、
 触れさせたり、近づけたり不快な環境にさらしていませんか?
・興奮しやすい子に、気持ちが高ぶるような状況を
 作っていませんか?
・ワンワンと鳴くと、その都度愛犬を見に行ったり、
 気にしたり、怒ったり、餌をあげたりしていませんか?

 

飼い主側の行動を抑えることにより、
困っていたことが治まることもありますので要注意です。

 

犬のせいばかりではないかも!?です。


犬のしつけ「吠える」に対する「やり方」

バカ犬

対処法として簡単に自作できたり、
通販で購入できる商品、吠え防止トレーニンググッズがあります。

 

口輪、首輪、酢水スプレー、チョークチェーン、
超音波、水鉄砲、わさび、大きな音の出る缶
ワンストップ、メーカークーラートロン電気ショックなど。

 

犬が嫌がる匂いや音、味がする道具を使って
「天罰」を与える防止訓練方法がありますが
怖がって警戒している犬や興奮して吠えている子の場合、
逆効果になりますのでご注意を。

 

対処方法としては、
・練習して慣らす
・オヤツなどで気をそらす
・ストレスを減らしてあげる
・無理に出来るようにしない(環境を変えてあげる)
・無視をする(甘えん坊さんに)

 

例えば、
・電源を入れずに掃除機を見えるところに置く
 ⇒慣れさせる
・インターフォンを鳴らした時、美味しいおやつを見せて他の部屋に誘導する
 ⇒気をそらす
・散歩の時、他の犬が見えたら別の道へ行く
 ⇒ストレスを減らす
・犬が過ごす場所を静かなところに変えてあげる
 ⇒環境を変えてあげる

 

犬が吠える対象を把握したら、
適切なしつけ方法で根気よくトレイニングしてあげましょうね。


おすすめ☆犬のしつけ法はこちら